シードからペレットに切り替える方法

ぴーたんの日常

シードからペレットに切り替えるのって大変そう、

切り替えようと頑張ってみたけれど結局うまく行かなくて諦めてしまった。。。

そんな飼い主さんもいるのではないでしょうか!

うちのセキセイインコのぴーたんは無事ペレットに切り替えが成功したので、

その経験を踏まえて切り替え方を紹介します!

ペレットは食べれると知ってもらおう

インコからすると今まで食べていたものと香りも見た目も色も

違うと初めは警戒して食べません。

ぴーたんも初めてペレットを目の当たりにしたとき、

恐る恐る近づいて、少しなめては下がってを繰り返していました。

そこで、まずはペレットは警戒しなくてもいいんだと

思ってもらうことからはじめました!

手のひらにペレットをのせてみせる

手のひらにのせると、警戒しながらもなんだなんだと興味をもって

覗いてきますw

覗いたら次のステップです!

指でペレットをつついてみせる

ペレットの存在に気づいたはいいけど、なかなかそれ以降

近づいてこないなんてことありますね。

そんなときは指でペレットをつついてみてください。

そうすると爪がくちばしにみえるのか、

FullSizeRender-23-06-19-03-37.jpg
おや、これは食べれるものなのか?

なんてふうに思うのか近づいてきてくれますw

そして同じようにつつき始めました!

あともうひと押し!w

飼い主がペレットを食べているふりをしよう

ここまでくれば大分ペレットに対しての警戒もなくなっているところでしょう。

あとはペレットはおいしいものなのだと理解できるように、

飼い主もペレットを食べているように見せましょう!

手にのせたペレットを口に持っていっておいしいなんて

いいながら口をもぐもぐさせて食べるふりをすると

しっかり飼い主のことをみて真似しようとします!

つまんでいるペレットを食べてもらう

おいしいのかもしれないと思ってもらったところでペレット一粒を

指でつまんでインコの口元にもっていくと、カリッと一口食べることができました!

つまんだペレットをさらに飼い主が食べたふりをしてからインコにあげるとなお

食べようとしてくれます!

これを2~3日つづけて飼い主の手からであればペレットを食べられる状態にします。

ケージの外に出して遊んでいるときに少しづつペレットにも

慣れる時間を作っていくのがいいです!

ペレットを餌入れにいれてみる

ペレットは食べれるものだとわかってきたところで餌入れにペレットをいれてみます。

ここでいくつかの方法があります。

インコの性格や飼い方によってうまくいきやすい方法が

違うと思うので参考にしてみてください!

朝はペレット、夕はシード

餌入れにはどっちかしか入れない方法です。

朝ペレットをいれてみて食べている形跡があるか観察します。

なぜこの方法をするのかというと、

飼い主の手で食べることができるようになっても完璧にペレットを食べるようになったとは言えないため、シードをペレットを混ぜてしまうと、ペレットはまったく手をつけずにシードだけ食べている状況になるからです。

この方法であれば、朝決めた量のペレットをいれて

夕方減っているのか量を測れば、食べているかどうかが一目瞭然です。

それだったらもう一日じゅうペレットでもいいじゃないって

思うかもしれないですが、

いきなりペレットだけの生活になると、今までよりも慣れていない食べ物である

ために食べる量が減って体重減少や、健康に影響を受ける可能性があります。

そうならないために、1日のうちの半分は今まで食べ慣れていたシードにします。

そして、なぜ朝シードでなく、ペレットなのかにも理由があります。

それは、朝から自分の慣れているシードをいれておくと、

夕方にペレットに変えてもお腹もそこそこ満たされているし、

食べなくてもいいかなということになり、

よりペレットに手をつけにくい状況になるからです。

結果

朝はペレット、夕はシードにして3日様子をみてみたところ、

夕方みてみると、ペレットがほとんど餌入れの中からでで、

餌入れが空っぽにw

FullSizeRender-23-06-19-03-37.jpg
シードがない!僕のいつも食べてるシードが見つからないよ~おなか空いたよ~

どうやらシードを探すためにペレットをかき分けているうちに

ペレットが餌入れからでてしまったようですw

夕方シードの時間になった途端ガツガツと必死に食べていました。

そして3日目には体重が2g減ってしまいました(´・ω・`)

ペレット切り替え中体重がいつもの体重の10%減少した場合は、ご飯を食べれていないということなので、一度中断することが大切です。

ペレットに切り替えるときは、毎日の体重測定が必須です!

体重が減ってしまったので、我が家のインコも一時ペレット切り替えを中断しました。

もう一つのペレット切り替え方法

朝はペレット、夕はシードの切り替え方がうまくいかなかったインコでも、

うまくいく可能性のある方法があります!

ぴーたんはその方法で見事ペレット切り替えに成功しました!

ペレットとシードMIX!

そうです、もうペレットとシードを分けて与えず、

一緒にいれてしまったのですw

上記では一緒に混ぜてしまうと、シードだけ食べてペレットは食べない

というようなことになるためおすすめしないと言いましたが、

この方法でうまくいくこともあるみたいですw

こんな感じで餌入れにいれています!

ペレットとシードが入った餌入れ

この方法で初めてみて、最初の2、3日はシードばかりでペレットを食べている

形跡がなく、この方法も失敗に終わるかと思っていたところ、

少しづつペレットを食べている様子が見られるようになったのです!

そのまま様子をみていくとペレットをしっかり食べているのがわかったので、

少しづつシードを減らしてペレットを増やしていきました!

今では体重減少もなく、体重維持できています!

FullSizeRender-23-06-19-03-37.jpg
ペレット切り替え大成功~!

最近はペレットの食べ方にもこだわっているようで、

餌入れからおやすみボードにペレットを持っていって食べていますw

おやすみボードの上でペレットを食べたと思われる形跡

ペレット切り替えのゴール

最後に、ペレットの切り替えのゴールについて話します。

いくらペレットが健康によいと言われていても、

ペレットだけの生活もいいとは言えません。

シードはシードのよいところもあるので、シードも与えるのがいいと言われています。

シードはペレットと違って自分で殻を剥いて食べるため、インコにとって

ストレス解消

くちばしの健康

にとって大切なのです。

そのため、ペレットとシードは

7:3

がいいとされているようです。

そのため、ペレットの切り替えのゴールは、ペレットとシードがバランス良く

食べることができるようになるのがゴールにしていくのがよいでしょう!

最後まで読んでくれてありがとうございます!
ぽちっと応援よろしくお願いします(*’▽’)

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました