ヒーターは必要?インコと一緒に冬を過ごそう

インコの豆知識
スポンサーリンク

寒い季節になってきましたね。

肌寒くなってきたとともにインコも寒いと感じていないのか気になってしまいますね!

そこで今回はインコの寒さ対策について考えていきましょう!😊

スポンサーリンク

インコは寒さに弱い?

セキセイインコはもともとオーストラリアに生息している鳥です。
なので、オーストラリアと日本では
気温が全然違って南国の鳥のイメージです!

そう思うと冬の日本はとっても寒いですよね😖

けれどもセキセイインコは日本の冬も
乗り越えられるほどの強さをもっているのです!😎

ぴーたん
ぴーたん

ぼくは寒くても大丈夫!

実際にベランダで飼っているインコや、
動物園にいるセキセイインコも外にいますよね!

スポンサーリンク

どんなときに保温は必要?

11月頃になると寒さがめだってきますが、
寒さに強いからといってなにも準備は
いらないというわけでもありません。

どんな時に保温が必要なのかまとめました。

初めての冬を迎える時

インコにとって初めての冬は大切です。
初めての冬を乗り越えてようやく丈夫で立派な
成鳥になったという証になるくらい最初の冬は
温度管理を気をつけることが大切です!

ぴーたん
ぴーたん

ぼくは冬生まれだから冬はへっちゃらだ!

初めての冬を迎えてみて、そのインコが寒さに
対してどんな反応をするのか知ることが大切です。

“自分が寒いと思うから保温する”

その考えも間違ってはいないと思いますが、
むやみやたらに過保護に保温してしまうと、
か弱いインコに育ってしまい、寒さに
打たれ弱くなってしまう可能性があります。

寒くなってきた頃にインコの観察をしてみましょう。

そこでもしインコが羽を膨らませ寒そうにしていたら、
保温が必要であると判断するといいでしょう!😀

その際、室温が何度くらいの時に寒そうにしていたのかを
知っておくと管理しやすいですね!

ちなみに我が家ではこの温度計を使っています。

裏側に磁石がついているので、ケージに直接つけられるため、
よりインコに近い場所の温度を知ることができます。

意外とインコの場所の温度と自分たちのいる場所では温度が違うことがあるので、
冬を快適に過ごしてもらうためには温度計は必須ですね!😆

室温を何度に保てばいいかとははっきりとはないですが、
飼ってるインコによって違うので、
インコの状態をみながら保温しましょう!

ちなみにうちのインコのぴーたんは
20℃をきってもでも平気で元気に生活しています😃

だいたい家では18℃~20℃くらいを保つように調節しています!

病気や体調が悪い時

病気や体調が悪い時はしっかりと保温する必要があります。

いつもよりも暖かくします!

人も風邪ひくと悪寒がでたりして寒くなります。
同じように風邪を引いたインコにもしっかり保温してあげましょう。

かかりつけの先生からも病気したら30℃まで保温するように
教えてもらいました。

それくらい体調が悪い時は保温が大切なんですね!

スポンサーリンク

保温のしすぎはよくない!?

私たちインコの飼い主はインコを可愛がりすぎて
風邪ひかないように、病気しないように、
しっかり保温しようと思ってしまいます。

インコが寒そうにしてないのに気温だけ見ると
寒そうだから暖かくといってずっと保温に頼っていると、
寒さに耐える体力作りが出来ないまま大人になってその環境に慣れてしまいます!

そうすると、他のインコなら平気な気温でも
すぐ寒がったり、風邪をひきやすくなってしまいます😣

私もインコを飼いなれていなかったときは、保温ばかりして、
寒さに弱いインコにさせてしまった経験があり、今では過保護にしすぎたなと反省しています。

そんな過去の経験を活かして、ぴーたんには強くたくましくなるように育てています!(`・ω・´)

ぴーたん
ぴーたん

みんな!ぼくみたいに冬を乗り越えて、免疫力をつけて強くなるんだ!

季節によって温度が変化する日本でインコが元気に生活していくためにも

ある程度寒さにも慣れてもらうことも大切なのです!

スポンサーリンク

快適に冬を過ごすためのアイテム

インコにも冬を快適に過ごせるいいアイテムがあります!😁

私の家で使ってるおすすめアイテムを紹介します!

ビニールカバー

すきま風を防止したり、ケージの中の暖かい
空気を逃がさないようにするためのものです!


カバーでケージの中はポカポカ

ビニールカバーをしていると、中の温度が一定に保つことができます!
そして、日中と朝、夕の温度が大きくても、
ビニールカバーで温度差も減らすことができます!

チャック付きで前だけ開けることができるので、
餌や水替えのときや、ケージからインコを出すときも
スムーズにおこなえます!

一日の中で温度差が激しいと
体調を崩しやすいので、ビニールカバーはおすすめです!😉


ビニールカバーをしたままだと息苦しくならないのか?

ビニールカバーをしていると息苦しそうな気がすると思う人もいると思います!

まさに私もそこを気にして今まで買ってこなかったのですが、
上からかぶせるタイプなので、下のほうは空いています。

完全に密閉しているわけではないので安心ですね!♪


ヒーター

私の家のインコ、ぴーたんは初めての冬はヒーターなしで過ごすことができましたが、

風邪を引いて元気がないときなどすぐに保温できるように
準備をしておこうと考え、ヒーターを購入しました。

ぴーたんの使っているヒーターはこんな感じです。

とまり木付きで、部屋のスペースを取らないシンプルなヒーターです。

とまり木も取り外し可能で、取り外して下に置くこともできます。

日中家を空けて留守番させるときは、ヒーターは一日中つけっぱなしにしています。

ぴーたん
ぴーたん

止まり木付きであったかいよ!

スポンサーリンク

まとめ

インコにとって冬は元気なインコになるか、寒さに弱いインコになるか
飼い主さんの育て方にも影響してくると思いました。

温度計を常にケージにつけて温度を気にしながらインコを観察して温度管理していきましょう!

今回紹介したアイテムは冬を快適に過ごすのに必要不可欠といってもいいくらいです!

インコとともに暖かく快適な冬を過ごしていきましょう!😃

最後まで読んでくれてありがとうございます!
ぽちっと応援よろしくお願いします(*’▽’)

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました