なぜ絵(イラスト)が上手くなりたい人にこのブログを見てもらいたいか考えてみた。

イラスト練習
スポンサーリンク

こうして私はブログを書き続けていますが、一体上手くもない絵を描いていて、
手探りで練習している私のブログをだれが見るのだろう?と考えたことがあります。

この私の今の状態でも何かできることがあればと思います。

誰かの役に立てたらと思います。

私と同じように絵が上手くなりたくて頑張っている人、

絵は自分に向いてないと思っている人、

絵を描くことを諦めようとしている人

絵には興味あるけれど、自分には向いているのか考えている人、

頑張りたいはずなのに絵を描くやる気がでない人

こんなふうに絵に関わりたいけど、気持ちが後ろ向きに
なっている人たちの役に立てたらと思いました。

スポンサーリンク

私もかつて絵は向いてないからやらないと決めていた。

私は物心ついたときから上手い下手関係なく絵を描くのが好きでした。

その時、仲の良かった友人が絵がとても上手くて、
こうゆう人が世に出て絵を仕事にしていく人なんだなと思いました。

その友人はいつも絵がきれいと褒められていて、

私はどちらかというとその子の横にいると雲泥の差だったので
絵を描くのが好きだとは、言えませんでした。

絵が好きなのに下手くそな自分を認めたくなかったのです。

それ以降10年ほど絵とは関わらずにやってきました。

もうそんな夢諦めて現実を見ようと思っていました。

絵は自分に向いていないと決めつけていたからです。

そんな風に考えていた私が自分と向き合い、将来どうしたいのか、
どうなりたいのか、いろいろ考える時期がありました。

そうして私は決めました。
「もう一度絵を描くことに挑戦してみよう!」と。

スポンサーリンク

行けるところまで行ってみたい。

諦めるのは簡単だけれど、最後に死ぬときに自分を振り返ったとしたら、
「自分に正直に生きれたのか?」
と問いかけたら正直に絵のことを放っておいて人生やりきれたと思えるのだろうかと思いました。

なんだか大げさな例え方ですが、ずっと頭の片隅に、絵は向いていなかったから
やらなかったで終わりにする自分が悔しくなると思いました。

だって限界まで絵の練習をしてきたわけでもないのに限界を決めて
勝手に向いていないと決めつけているだけでは向いていないなんて言いきれない
と思いました。

限界とか向いてる向いてないというくくりを取っ払って行けるところまで行ってみたいと思いました。

スポンサーリンク

イラストの成長を通して自分と同じような境遇にある人のためにも

世の中には絵のうまい人がたくさんいます。その中でやっていけるかどうかを考えると絶対はないです。

それこそプロの方からだととても厳しい世界だというでしょう。

しかし、だからと言って「じゃー私(僕)にはできないや。」ではなく、
この先どうなるか分からないけど、とにかく頑張ってみようでいいと思うんです。

私自身今の実力で世に出ていけるなんて考えられません(笑)😅
けれども、こんな下手くそな絵しか描けない私がここまで実力をつけましたという過程を
見せられたら、これは今絵に対して悩みを抱えている人の背中を押せるのではと思いました。

こんな人でも頑張ってるなら自分も頑張れそうって思ってくれたらと思います。
まあ、こんなこと言っていますが、自分がこうして考えていることをまとめることによって
自分の背中を自分で押しています(笑)

ですので、これからも精進していきます!!😀

最後まで読んでくれてありがとうございます!
ぽちっと応援よろしくお願いします(*’▽’)

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました