セキセイインコのレインボーってどんな色?【種類と色】

インコの豆知識
スポンサーリンク

セキセイインコを飼ってみたい!と思ったとき、インコにはどんな種類や色があるのか気になりますよね。

近くのペットショップに行っても全ての種類のインコが揃っているお店はほとんどないでしょう。

しかし、インコにはたくさんの種類や色があります。

飼う前にインコの種類や色について知って好きなインコを見つけるきっかけになればと思います。

では、インコの種類や色について知っていきましょう!

スポンサーリンク

インコの種類

インコというくくりにしてしまうと本当に種類が多くなってしまうので、今回はセキセイインコの種類を紹介していきます!

インコの羽の色は大きく分けるとイエロー系とホワイト系があるようです。

そこから因子によっていろいろな色になると言われています。

ノーマル

野生のインコとほぼ変わらない見た目の種類です。イエロー系は頭が黄色、羽が緑。ホワイト系は、頭が白、羽が青。頭から背中のほうにかけて黒い模様が入っているのが特徴です。

オパーリン

ノーマルと見た目が似ていますが、頭から背中にかけての模様が消えて、背中にV字の模様があるのが特徴です。

頭が模様がないとつるつるしていて可愛いですね。

ちなみにわが家のインコもオパーリンであるかと思われます。

頭に模様が一切ありません。

レインボー

オパーリンの種類のうちに含まれているのがレインボーと言われている種類です。

黒い模様も淡色であり、全体的にパステルカラーなのが特徴です。

ちなみにぴーたんはレインボーの種類に分類されています。

見た目レインボーっぽくないですがレインボーです(笑)

余談になりますが、高級セキセイインコと呼ばれるものは頭の黄色が後頭部に入らないものがよいとされているそうです。

うちのぴーたんは若干黄色が後頭部にまで入っていますね(笑)

全体的に緑色の羽ですが、ノーマル種とは違う淡い緑ですね。

レインボーとなると個々に色が違ってくるので一概には言えませんが、

レインボーといえば頭が黄色で体が水色のインコというイメージがあります。

ウイング

模様が全体的に薄く、黒い模様はないのが特徴です。青と白と単色で澄んだような綺麗なインコです。

イメージとしてはこんな感じです。※あくまでイメージです。

パイド

ウイングにも似ていますが、体の一部に模様があるインコです。

模様が少なくてシンプルで綺麗ですね!

スパングル

模様に濃淡のあるのが特徴です。

また模様はほかの種類より細かいです。

これまでのインコは言われないとパッと見ただけではどれも同じ種類に見えますね。

ハルクイン

頭から背中にかけての模様がなく、首から胸にかけて羽の色が薄いです。

また、目の周りは細かい模様があります。そして、模様がまばらに見えます。

また、ハルクインはアイリスリングという目に白い部分がみられないようです。

ルチノー・アルビノ

どちらも黒い色素がなくなる色素異常で目の色が赤いのが特徴です。

羽の色が黄色いのがルチノー、白いのがアルビノと呼ばれています。

イメージはこんな感じです。

大型セキセイインコ(ジャンボセキセイインコ)

普通のセキセイインコを大きく改良したインコの種類です。

普通のインコが20㎝くらいのところ、大型セキセイインコは23~26㎝もあります。

隣で並んだら一目瞭然です!そして、頭が前のほうに突き出ているのも特徴で、インコのボスみたいです。

羽衣セキセイインコ

羽が巻き上がっている種類です。体のどの部分に巻き毛があるのかによってまた呼ばれ方が違うようです。

寝ぐせのようで可愛いです!

個性が出てていて一度は気になってしまう種類の一つです。

スポンサーリンク

まとめ

セキセイインコというだけでもいろいろな種類や色がありますね。

この種類のインコがいい、と思って行ってみても実際目の前にしたときに可愛いと思ったインコは違う種類だったなんてことはよくあります。

種類は参考までに、自分が本当に飼いたいインコを見つけてみてください!


コメント

タイトルとURLをコピーしました