女の子のポーズを描いてみよう1

イラスト練習

みなさんこんにちは、こんばんは!😀

今回からいくつか女の子のポーズの練習をして、
描いてみて気づいたこと、次に書くときに意識するとよいことを
あげながら見ていきます!

女の子のポーズを描いてみよう1

かわいい女の子を描くためには顔も大切ですが、ポーズも大切!🙋‍♀️
って思います!

男性、女性、男の子、女の子とそれぞれ仕草や動きは違います。
かわいい女の子を描くために、かわいいポーズも描けるようになりたい!😆
そこで、まずは女の子のかわいいポーズをかけるようになるために
基本的な立ちポーズを練習しました!

女の子の基本の立ちポーズ描いてみた

今回描いたポーズはこんな感じです!(。・∀・)ノ゙

まだ雰囲気が硬い感じが残ってますね。

この立ちポーズはこの本を参考にして練習しています!

そのまま使える女の子ポーズ500 CD-ROMつき (KOSAIDOマンガ工房)

新品価格
¥1,980から
(2021/2/3 19:50時点)

いきなりぱぱっとかけたらいいですが、そうもいかないので、
まず棒人間をイメージして描いてみました!✨

すると、雰囲気だけはお手本と似て見えました!😜笑

棒人間で描いてみたときの感じはこんな感じです!

なんか棒人間で描いたほうがうまく見えます笑

棒人間でポーズを描くときに意識したこと

棒人間でポーズの軸をかくときに意識したことはいくつかあります!

  • 関節の位置
  • 顔の大きさ
  • 腕、足の長さ
  • 骨盤と上半身のバランス

関節の位置

関節の位置を意識してやるとバランスが整えやすいと感じました!😁

棒人間の棒は骨みたいなものなので、
その骨がバランス悪いと肉をつけたときもアンバランスになるのが目に浮かびますね!🙄

どうせ消してしまう線である

棒人間を描く必要ない!って思ってたけど

大事なんだなって改めて感じさせられましたね!😊

顔の大きさ

顔の大きさもここで決めておかないと
後々頭でっかちになったり、体とのバランスがわるくなっちゃいますね!

頭は体全体の何個分が可愛く見えるのかを考えてみたところ、

7等身くらいが可愛らしくかけるのではないかと考えました!

あくまで私の個人的な感想です笑

綺麗な女性を描くときは8等身で描いたらいいかなぁって思います。

6等身だと身長低い女の子って感じで
スタイルがよく見えたのはやっぱり7等身でした!

これを意識して描こうって思います。

腕、足の長さ

腕、足の長さってどんなもんかなあって、描いてみて気づきますね!

まず、肘の位置はだいたいウエストのあたりと思って描くとバランス取れました!

そして、自分で腕を太ももの横まで下ろしてみると

意外と人の腕って長いんだなって思いますよね!😃

太ももの中間くらいまで指先はあります。
そこのバランスを意識すると腕は綺麗に描けました!

骨盤と上半身のバランス

肩と骨盤の出っ張ったところ、どちらが広いか見てみると、

女の子を書く場合肩よりも骨盤のほうが広いのです。

反対に、男性を描くときは肩幅は広く、骨盤は狭く描くと男性らしくなりますね!

女の子らしさを出すためにはこの骨盤が重要だと思いました!

完成してみて気づいたこと

棒人間に肉をつけてみるとこうなりました。

棒人間から肉をつけるとより体の柔らかさがでて女の子らしくなりました!🌈

全体を描いてみて、上半身と下半身は大体同じ長さなのかなと思いました!

また気づいたことをいくつかあげてみました。

  • 上腕から手首までの腕の太さの変化
  • 頭の形
  • 首から肩までの描き方
  • 手って難しい
  • 関節を意識するとうまく書ける
  • 足首から下が難しい
  • 太ももとふくらはぎの長さ
  • 左より右が苦手

たくさん気づきました!

一つづつ見ていきましょう!

上腕から手首までの腕の太さの腕の変化

上腕から手首にかけてだんだん細くなってるイメージしていたのですが、

そうではなく、手首に行くまでに細くなったり太くなったりしているのだと分かりました!

関節の周りは太くして、そうじゃないところは細く描くと自然な腕になりました!

頭の形

頭の形は重要です!

丸を描くだけと思っていましたが、そうではなく、
顔の上に大きい球体を乗せているようなイメージで描くとうまく描けると分かりました!

首から肩までの描き方

首から肩を描くには鎖骨を意識するとうまく描けると気づきました!

正面からみたとき、斜め横を向いているとき、
それぞれ立ち位置によって首から肩のラインは変わっていきます。

そのため、軸になる鎖骨を意識すると描きやすかったです!

手って難しい

手ってただ指を5本描けばいいなんて甘く考えてました(笑)

体の中でも小さな部位に当たりますが、手はグーかチョキかパーだけじゃなくて
いろんな形をつくれる場所だから自分の手をみてデッサンしてみたり、
手の構造を把握することがひつようだと思いました!

関節を意識するとうまく描ける

関節を意識して描くと体にメリハリがついてより人間らしく描けました!

また、関節の部分はそうじゃない部分より太くなるということも
頭に入れておくことが大切だと思いました!

こんなこと分かってるはずなのに絵を描くとなると忘れてしまいがちなんですね!

足首から下が難しい

足首か下ってあまり今まで描いてこなかったから難しいと感じました(笑)

いつも顔とか上半身までしか練習しなかったり、、、
全身を描いてみると自分の苦手な部位が分かっていいですね!
これも手と同じように練習しないとな!

太ももとふくらはぎの長さ

なんとなくイメージしてたのは太もものほうが長い?
いや、ふくらはぎのほうが長いかも?なんて曖昧で長さがどうとか考えていませんでした(笑)

ポーズを描いてみて長さを改めて比べてみました!

あれ?意外と同じ長さ?って思います。

確かによく考えると正座したときって

綺麗に太ももとふくらはぎの長さ同じじゃないと変だよなって思いました(笑)

左より右が苦手

描いてて思ったのが、左腕描くときよりも右腕を描くときの
描きにくさや違和感があることにふと気づきました!

左右対称にかけないのは人によって右側が描きやすいとかそうゆう感覚があるのかなと思いました!

そうゆう違和感も描きまくったらなれてくると思うので頑張ります!

まとめ

一つの絵を描いただけでこんなにも多くの気づきを得ました!

だから、毎回書いてる絵はきっと上達するための新たな気づきがあると思うので
これを継続していこうと思います!

最後まで読んでくれてありがとうございます!
ぽちっと応援よろしくお願いします(*’▽’)

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました