トレースや模写はSNSに投稿してもいい?【イラストと著作権の関係】

イラスト練習
スポンサーリンク

イラスト練習に励んでいる皆さん、1度は思ったことがあると思います。

トレースや模写したものを「描きました!」と自分の練習してきたものを公開したくなってしまう気持ち!😆

私も日々練習したものを「こんなに練習してきたんだ!」と残すためにもブログに載せたくなります(笑)

ぴよっち
ぴよっち

せっかくうまくかけたんだもん、
みんなに見せたいよね!公開しよう!

ちょっと待ったあ!!!😲

本当に公開してもいいのでしょうか?

その前に著作権について理解した上で絵の投稿をしていきましょう。

分かりやすいおすすめの本!
スポンサーリンク

著作権って何?

そもそも著作権って何?と思う人もいるでしょう。
絵を描く上で著作権について知ることは大切です。
ここで一度振り返ってみましょう。

ぴよっち
ぴよっち

著作権って言葉は聞くけど、説明してと言われると自信がないなあ〜

世の中には、人が作ったものに著作権という、
その人が作ったものです!という権利が与えられます。

つまり、今自分が描いたオリジナルの絵は著作権を得られるのです。🙂

ぴよっち<br>
ぴよっち

自分がオリジナルで描いた絵は著作権を得られることは分かったけど、
著作権ってどこかに申請しないと得られないのかなあ?

著作権は描いた時点で発生する権利です。
なので、基本申請などの手続きは必要ないと言われています。

ただし、法律上で情報を提示する際などに効力があるため、登録する方法もあるようです。

参照:著作権登録制度

ぴよっち
ぴよっち

そうか!描いた時点で著作権が発生して登録は
基本いらないなら安心だね!

ぴよっち
ぴよっち

だけどどうして著作権について知っておくことが大事なんだろう?
知らなくても困らなそうだし、登録もないんだから、ないようなもんだよね!

なぜ著作権について知っておく必要があるのか次の項にまとめました。

イラストを描く上で著作権について知っておいたほうがいい理由

自分の身を守るため

確かに著作権は基本登録もなく、証明書なんかもないので、目に見えない権利になります。

しかし、著作権がないと、自分の作った作品を他人が好きにコピーして販売したり、描いた手柄を自分のものにしようとする人が出てきたら、自分のものを勝手にいいように使われていい気がしませんよね。

収益に関係する場合、お金が関わってきますから、そのようなトラブルを回避するためにも権利については知っておくことが大切なのです。

なにがOKでなにがNGかを知る

世の中にはいい人悪い人もいます。自分自身が権利について知識不足だったために、自分の作品の著作権をとられた!なんていうようなケースもあるようです。その知識不足という部分に漬け込んで卑怯な真似をする人もいる可能性もあります。

自分の身は自分で守る、そのためには、権利について自分で勉強することが大切です。

もし、「知らなくて著作権侵害してしまいました。」なんてことがあった場合、それは自分の信用を損なうリスクがあるということになります。

知らずしてやってしまってもやったことは事実には変わりないのです。なので、なにが著作権に引っかかって、何が大丈夫なのかをそうなる前に知っておきたいですね。

将来の自分のために

イラストを描いて名を残したいと思う人ほど、気を付けないと、今後の活動に影響が出てしまいます。この権利についての問題は「まだまだ未熟だから気にしなくて大丈夫!」というわけではなさそうですね。

なぜなら、ネットは世界中の人が見ているものであり、よく言えば著作権侵害をしていないかチェックされている世界です。反対に、何か著作権に引っかかることをネット上でした場合、誰かに見られてしまうということになります。そして、ネットに一度公開したものは永久に残ってしまいます。

だからこそ、未熟な下積み時代から、ルールを守って健全に絵の練習をしていくことが大切なんですね!

このようにトラブルから作った人と作品を守るために著作権という法律があるのです。💡

ぴよっち
ぴよっち

なるほど、みんなが気持ちよく自分の作品を
作り出していけるようにするために必要なんだね。

一度は読んでおきたい

これらを知ったからと言って絵が上達するわけでもないし、なんだか細かくて法律なんて難しくて頭に入らない。って思いがちですが、少しでもわかりやすくなるようにまとめてみました!

スポンサーリンク

これって著作権侵害になる?Q&A

トレース、模写の公開は著作権侵害になるの?

イラスト練習にはやっぱり、憧れのイラストレーターさんのイラストや好きなアニメキャラを使って練習したいと思うものです。

しかし、結論から言うと、
トレース、模写の公開は著作権侵害になります。

ぴよっち
ぴよっち

そんなこと言っても著作権侵害だからといって
何も罰せられないでしょ?

確かに、著作権の問題は無断に使用された側が訴えなければ罰せられることはないと思います。

しかし、考えてみてください。

これは模写したものです、トレースしたものです。と言ってネットにあげたところで、自分の作品ではないのです。わざわざ投稿しなくてもいいものをあげてしまい、変にトラブルを起こすくらいなら、ネットに模写やトレースはあげないほうが身のためでしょう。

そしてまた、別の人の絵の真似とは気づかず、他の人から良い評価されたところで自分自身も嬉しくないはずです。

例えば、ある一つの作品があるとして、その絵を検索した際、トレースや模写された画像に埋もれて、どれが本当の主が描いたのか分からなくなってしまうのです。

注目を集めたいと思っている主が他の模写やトレースにまぎれてしまうのは迷惑なことですよね。

ましてや好きだからこそ模写したい!トレースしたい!って気持ちはわかりますが、
好きなイラストレーターの絵を模写トレースしてネットにあげることがまさかのそのイラストレーターの売り上げや注目度の妨げになってしまうなんて嫌ですよね!

簡単に本人ではない人がネットにあげることによって
その人の作品の価値を下げてしまう可能性もあるのです。😫

だから、そのことを知ったうえでの行動をしていきたいですね!

それでもどうしても好きなイラストレーターの絵を模写したい!トレースしたい!と思う人のための解決策があります。

それは、ネットに投稿せず、自分の中だけで楽しむということです。

自分の家で描いているスケッチブックに模写・トレースする。これはOKです!

家で練習が目的であれば問題はありません。

SNS、pixivなどのサイトに模写やトレースを投稿

上記であげたことと似ていますが、よくSNSやpixivなどのサイトに投稿している人がいると思います。

これはNGです。❌

これも上記と同じ理由です。

ぴよっち
ぴよっち

みんなやっているからいいのかと思ってたよ。

みんなやっているからいいわけではありません。

多数の人がやっていることが正しいということではないのです。

pixivなどの絵の投稿サイトはそうゆう著作権の問題がグレーな
ものも多くあり、そこに混ざってしまえば分からないだろう。
なんて考えの人もいると思います。

あとはもうその人の判断によります。

私の個人的な考えでは、グレーなことはやらないほうが身のためと考えています。

SNS、pixivに投稿してもいい場合

それは、作者本人からの許可を得ている場合です。

どうしても模写やトレースしたものをSNSに投稿したい場合は本人に載せていいか許可を得ましょう。

そうすることで、作者も自分の絵を参考にしたいと思ってくれるんだと事前に丁寧に許可をとってくれることで、気持ちよくやっていけると思います。

しかし、ここまで許可をもらってまでして人の作品の模写やトレースを載せる意味があるのでしょうか。

本来、模写やトレースは自分自身の絵の上達のための手段であるため、世間に見せてもなにも意味がないのです。

きっと投稿している人は上手くできたよというのを共感してほしいという意味で載せているのだと思います。

模写やトレースの投稿は自分にとってなんの意味があるのか一度考えてから行動してみるのがいいのかもしれません😃

SNS、pixivに二次創作を投稿する

二次創作とは、他の作者のオリジナルキャラクターを使用してポーズや衣装、シチュエーションなどを変えたものを表します。

自分が作った渾身の作品を他の誰かに違うように描かれているのを投稿されていたのをみたら、なんとも言えない気持ちになるのではないでしょうか。

そして、作った元のイメージを損なうような表現がされていたりするのもあまりいい気持がしませんよね。

こうして相手の気持ちになってみるとよくないことって気づくこともあります。

好きなキャラクターで自分の思い通りのポーズと衣装で描いたものをみんなに見せたい!そんな軽い気持ちかもしれないですが、これも残念ながら著作権侵害になってしまいます。😣

二次創作OKな場合もある

作者自身が二次創作いいですよと公表している人もいます。
二次創作をSNSに投稿したい!って人は、まず、どのような作品が二次創作してもよいか調べてみるといいでしょう!

『自分の描きたいキャラクターもしくは会社名+二次創作ガイドライン』なんかで二次創作についてどうなのかが公式サイトで載せてあるものもあります。

しかし基本二次創作は投稿できないものと考えたほうが簡単でしょう。

好きなキャラクターをトレース、模写して部屋の壁に飾る

これはOKですね!⭕

トレースや模写がしてはいけないことではありません。
それをどうするのかが著作権に関わってきます。

今回は、世間に公開せず、自分で楽しむために利用しているので、
問題ないのです。

ただし、この部屋の写真を投稿してそこに貼ってある絵が移ってしまうと
どうなのかという部分がグレーゾーンになりますね。

あくまで自分で楽しむための目的であればOKになります。

ポーズの練習をしたくて好きなキャラクターを描く

先ほどは二次創作は基本NGという話をしました。
今回は自分の練習のために好きなキャラクターを使ってポーズの練習をするという例です。

これは自分の練習のために使用しているのでOKと判断しました。

しかし、これをまた投稿してしまうとNGになってしまうので自分の練習のためだけにとどめましょう。

スポンサーリンク

著作権について理解した上で楽しくイラストを描いていきましょう!

イラスト練習でトレースや模写をすることがあると思います。
著作権について理解したうえで、自分の行動は著作権についてどうか考えながらイラストを描いていきましょう!

ネット上にトレースや模写をあげたところで自分にはなんの被害もなく問題もないように感じるかもしれませんが、作品を作り出す側になった自分をイメージしたとき、されて嫌な気持ちになるなと思う行動は今から気を付けていきましょう。

一人ひとりがマナーを守っていけたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました