絵の練習をするなら何からしたらよいのか考える

イラスト練習
スポンサーリンク

絵が上手くなりたい!そう思い立ったからにはすぐに行動したいものです。

しかし、いざやろう!と心には決めても、一体何から練習したらいいのか考えてしまいます。

そこで、今回は、私が初めて絵の練習をしようと思ったときにやった行動を見ていきましょう!

スポンサーリンク

本の購入

まず、絵の練習をするにあたり、分かりやすい目標というものが必要であると考えました。

そこで、まず、私の目標は、本一冊で絵についての基本を知ろうと思いました。

本一冊だけでも勉強したぞ!と思えることで、自信にもつながるし、達成感もあります。

絵の練習を続けていくためにも続けたくなるような仕組みも大切だと思ったのです。

絵の練習するための本といっても世の中にはたくさんの本が出回っています。どの本が一番おすすめというのは一概には言えませんが、書店でいろんな本を見てこれを見て練習したいと思うものを一つ見つけてみるとよいでしょう!

本の中でも書き込み式のものもあるので、本一冊あればどこに行っても練習ができて便利です!

ちなみに私が購入したのはマンガデッサン練習ドリルです。

 

マンガデッサン練習ドリルってどんな本?

この本は厚さもほどよく、30日で練習できるという非常に手を付けやすい本になっています。

 

ぴよっち
ぴよっち

なんだか小学生の時の夏休みの宿題に出たドリルを思い出すね!

いつ描いたものなのか日付を記入できる!

みんな知ってる懐かしの小学校の算数ドリルや、
漢字ドリルのように、実際に取り組んだ日にちが書けるんです!👍

いつ取り組んだか記入しておくことができるため、見直したときに「あーこれくらいの期間でこんなに上達したんだ!😀」と振り返ることができますね!

書き込み式で簡単に模写ができる!

書き込み式だから、本のほかに紙を準備する必要もないです。また、模写するための素材を探す必要もなし!😁

直接書き込むことができるため、この本さえあればどこでも絵の練習ができますね!😊💕

どんな練習をしたらいいか困った人にはぴったり!

練習をしようと思っても、デッサンをしたらいいのか、あるいは模写、
骨格を勉強、などどんな練習をしたらいいのか分からないですよね!🤨😩

しかし、この本さえあれば要点を抑えて基礎編という項目で一冊にまとめられているので、

まずはこの一冊に集中して練習したらいいのです!😇

楽しいと思える感覚を身に着付けられる!

絵の練習って下手だと思っているときはイメージと実際がかけ離れすぎてモチベーションが下がりやすいです。しかし、この本であれば、基本なぞったり、模写したり、最後に自分で描くという段階を踏んで練習ができるので、初心者には使いやすくて続けやすいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回は初めて絵の練習をしてみようと思う人がまず行動にうつしやすいことを具体的に挙げましたが、本以外にも始める方法はたくさんあります。私が今回手を付けやすいと思ったのが本でしたが、人によっては違う方法がいいっていう人もいると思います。あくまで参考になればと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございます!
ぽちっと応援よろしくお願いします(*’▽’)

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました