模写は上手くならないと思っていたけれど、そんなことはなかった。

イラスト練習
スポンサーリンク

模写の練習をしました。

半年くらい前に描いた模写と同じキャラクターを練習しました。

半年前に描いた模写は顔も違うし、頭でっかちでバランスが悪くて、
目も可愛くないのです。

今日は時間がたった今もう一度描いたらどうかなと思って描きました。

スポンサーリンク

模写は上手くならないと思っていたけれど、そんなことはなかった。

なぜそう思ったのかというと、半年前と今の模写は別の人が
描いたのではないかと思うくらい線が違ったのです。

私も思わず自画自賛してしまいました(笑)

プロの人からみたら大したことないじゃないレベルかもしれません。

しかし、大事なのは過去の自分と今の自分を比較することです。

模写がなかなか上手くならないと思っている人は、
もしかしたら上手くなっているのに小さな変化に気づけていないのかもしれません。

もしくは理想が高すぎてプロレベルの絵が描けないと上手くなったとは
認めないと思っているのかもしれないですね。

プリコネのぺコリーヌで練習しました。
スポンサーリンク

小さな変化に気づくことが自分の上達の原動力になる。

人に見せられるくらい上手くなったときが模写が上手くなったときでもなく、

自分が少しでも上手くなっているということに気づいたときから
上手くなっていくと思いました。

精神論みたいな感じになってしまいましたが、これは大切な気がします。

私は今まで模写を描いても思ったように描けず、
もう一生下手なままじゃないかと思い、時間だけが過ぎていくこともありました。

ただ気持ちだけ焦るだけで、pixivなんかのイラスト投稿サイトを
見ると余計にげんなりなんてことも。

しかし、ある時吹っ切れたのです。

下手くそなのは分かっている。もういい加減認めようと。

認めてからは考え方変わったのか、
昨日の絵より何が上手くかけたかなという観点で見るようにしました。

そりゃー周りの上手い人たちだってこんなふうに
私みたいな気持ちになることだってあったはずです。

それを乗り越えてきたんだと思います。

ここで諦めちゃもったいないんだと思います。

スポンサーリンク

模写は上手くなれる。

模写だけ上手くなってもなにも自分の絵が描けるようになったわけでもないから、
そこまで重要視しなくていいじゃないかと思う人もいるでしょう。

しかし、絵がうまくなりたい、そう思っている人からしたら
模写ができるようになることは「もっと頑張ったらうまくなれるかもしれない。」という希望になるものかもしれないです。

だから、まずは、昨日と今日の自分を比べて一つでもいいから良くなったことを見つけて前に進んでいきたいですね!

最後まで読んでくれてありがとうございます!
ぽちっと応援よろしくお願いします(*’▽’)

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました