髪の毛の塗りはなにが正解か分からなくなってくる。

練習の日々
影なし
スポンサーリンク

今作成中の女の子の絵の塗り工程に入りました!

まず簡単にべた塗りした感じがこんな感じです!

頑張って目も塗ったぞ!😁

前回作った作品よりも線画から塗りまでに到達するまでの
時間が短くなった気がします。

スムーズにここまでこれました!

これは大きな進歩ですね!😊

おそらく前回躓いたときに調べたりして
こうゆう風に描けばいいんだと分かってきた部分が
でてきたためですね。

今回も描いて新たな課題を見つけてさらに上手くなれるように
頑張ります!!

スポンサーリンク

髪の毛の塗りはなにが正解か分からなくなってくる。

はい、早速躓いています(笑)

髪の毛の塗りをするぞ!と思って完成したのがこちらです。

以前の作品と比べると断然上手くなっているように見えます。

しかし、やっぱりうまい人の髪の毛の塗り方をみると
透明感があって、立体的で素敵だなあって思います。

比べてしまうとこの違いにがっかりしてしまいます。

髪の毛に限った話ではないですが、
とくに髪の毛は影の付け方がとても大切だと思います。

そのことを分かってはいるんですが、
分かっているのとできるのはまた違いますよね😅

本でみたり、うまい人の塗り方を勉強してみてこの出来です。

スポンサーリンク

髪の毛の塗りの順番

今回私がやってみた髪の毛の塗り方はこうです。

ベース塗り

薄い影

濃い影

光の反射

こんな感じで塗りました。

ベースで塗る色はイメージしている色よりも少し薄い色にしました。
そして、薄い影の色が一番髪の毛の色の多くを占めているため、
薄い影の色をイメージしている色にしました。

髪の毛の塗り方はいろんなやり方があると思いますが、
今回は自分で考えてこの塗り方をやってみました!

うーん、塗ってみた感じ、3色の色を使って立体的にしましたが、
立体感の表現がぼやっとしている感じがします。

もう少し強弱をつけた塗り方が必要そうです。

そして、塗ってみて気づきましたが、
髪の毛のツヤ感が足りません。
髪の毛のキューティクルを忘れていました(笑)

キューティクルは次回つけておこう。

スポンサーリンク

まとめ

髪の毛の塗りに必要なことは、濃い影と薄い影をうまく使い分けること、
立体感を出すためには、分かりやすく強弱をつけて塗る必要があるということ。
また、ツヤ感を出すためにキューティクルを忘れないこと。

髪の毛の塗りは実践してどう塗ったら立体的に仕上がるのかが
見えてくるはずです。
この調子で練習していきます。

最後まで読んでくれてありがとうございます!
ぽちっと応援よろしくお願いします(*’▽’)

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました