パーカーの描き方~うまく表現するために振り返ってみた~

練習の日々
スポンサーリンク

パーカーって服のデザインは一体だれが考えたものなのだろうか。

華やかではないのに女の子が着るとかわいいです!

男の人もパーカー着ていると優しい雰囲気に見えます。

だから私はパーカーが上手く描けるようになりたいのです!

今回はパーカーの描き方を振り返ってみましょう!

スポンサーリンク

パーカーを表現するために特徴をとらえよう

パーカーってどんなイメージか言葉であげてみて、
パーカーの表現に必要な要素を取り入れていきます。

パーカーといったら、フードがついている、
だぼついている、ゆとりがある、
もこもこしている、といったところでしょうか?

頭の中ではイメージが湧くのに描こうとするとイメージと違うんですよね。

これをもとに描いてみます。


なんというか、なんか誰でも描けそうなパーカーって感じです(笑)

だけど、パーカーっていうのは他の人が見ても分かるように表現はできていると思います。

あとはシワや影をうまくつけられればもっと
だぼついた感じを表現できるんだと思いました。

スポンサーリンク

実際にキャラクターにパーカーを着せてみた

実際に今練習しているキャラクターのパーカーを描いたので見てみましょう。

まだ影などを入れていないので平べったく見えますね。

そしてなんだか硬い印象が残っている気がします。

服のシワってなんだか下手に入れると変に見えてしまうし
ちょうどよいシワの入れ方がいまいちわからないです。

どうゆうときにどんなシワがつくのかを勉強する必要がありそうです。

スポンサーリンク

まとめ

パーカーは服の中でも比較的簡単に描きやすいほうかなと思いますが、
表現のクオリティによって幅が広がりそうですね。

今のままでもパーカーに見えるので表現できていないわけでは
ないけれど、もっと画力をあげていきたいと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございます!
ぽちっと応援よろしくお願いします(*’▽’)

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました