パーカーの描き方~うまく表現するために振り返ってみた~

練習の日々
スポンサーリンク

パーカーって服のデザインは一体だれが考えたものなのだろうか。

華やかではないのに女の子が着るとかわいいです!

男の人もパーカー着ていると優しい雰囲気に見えます。

だから私はパーカーが上手く描けるようになりたいのです!

今回はパーカーの描き方を振り返ってみましょう!

スポンサーリンク

パーカーを表現するために特徴をとらえよう

パーカーってどんなイメージか言葉であげてみて、
パーカーの表現に必要な要素を取り入れていきます。

パーカーといったら、フードがついている、
だぼついている、ゆとりがある、
もこもこしている、といったところでしょうか?

イメージをもとに描くとこんな感じになりました。

頭の中ではイメージが湧くのに描こうとするとイメージと違うんですよね。

なんというか、なんか誰でも描けそうなパーカーって感じです(笑)

パーカーっていうのは他の人が見ても分かるように表現はできてはいますが、こんなんじゃ納得いきません!

スポンサーリンク

パーカーをうまく描くための方法

いつも着ていたり、目にしているからどんなものなのか分かるのに、イメージだけでは絵は描けないものですね。

パーカーをうまく描くためにいいかも!と思った方法がありました!

パーカーをうまく描くための方法
  • 自分が着ている写真を模写する
  • 大まかな形を描くところからはじめる
  • しわの練習をする

自分が着ている写真を模写する

ネットでもパーカーの描き方とか写真をみて描いてみたのですが、それよりも自分が着ている写真のほうが、描きやすかったのです。

影やしわが分かりやすいように白いパーカーを着て撮りました!

また、ネットで探すよりも自分で好きな色のパーカーで好きなポーズをして撮ることができるので、幅を利かせることができます。

ぴよっち
ぴよっち

練習素材無限大だね!

大まかな形を描くところからはじめる

いきなりパーカーを描く前におおよそのシルエットを描くところから始めてみました。

パーカーのしわや影はその時によって変化しますが、シルエットはだいたい大きな変化はしません。

なので、まず、パーカーの大よその形をつかむところからやってみました。

しわの練習をする

上記にも書いたように、しわってその時々で変化します。同じポーズでもそのときのしわのでき方は毎回同じとは限りません。なので、何度もしわの出方を見てパーカーのしわの出し方をつかみます。

パーカーの場合、ゆとりのあるだぼっとした服のため、突っ張るようなしわよりも、大きなゆるいしわの表現がパーカーらしさを表現できると思います。

★実際に描いてみた

左から順に大まかに形をかいて、しわと形をつけて、影をいれてみました!

影としわは慣れるまでしっくりこないですね~

何度も練習が必要そうです!

しかし、イメージだけで描いていたパーカーよりかはうまく描けるようになりそうです!

スポンサーリンク

実際にキャラクターにパーカーを着せてみた

キャラクターにパーカーを着せてみました。

これはまだ、自分がパーカーを着た写真を見て練習する前に描いたものです。

それもあって、まだまだ改善できるところがたくさんありますね!

なんだかパーカーなのに硬い印象が残っている気がします。

しわが不自然に見えるところがあります。

不自然にならないようなしわの入れ方を知るためにも、今回の方法での練習でコツをつかんでいけそうです。

スポンサーリンク

まとめ

パーカーは服の中でも比較的簡単に描きやすいほうかなと思いますが、表現のしかたによって幅が広がりそうですね。

複雑な形ではないので、簡単だからこそ、しわや影の入れ方が大切になっていくと思いました。

不自然にならないパーカーの描き方をマスターして、またパーカーを着た女の子の絵を描いていきたいと思います!

当ブログはできる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。そして、経験をもとに主観も含まれていることをご了承ください。当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました