球体を立体的に描くために必要なこと【デッサン練習】

練習の日々
スポンサーリンク

デッサンで綺麗な球体が描ける人は
他の絵もきれいなんじゃないかと思うくらい、
球体って描くのが難しいです。

円は描けても球体はまた別物ですね!

 
立体的に描くためにはどんな工夫が
必要なのか描き方を変えてみると
どうなるのかやってみようと思います!

スポンサーリンク

球体の立体感を表現するのに必要なことは?

立体感を出すためには人に教えてもらうのがいいのかもしれないですが、
自分で考えて導き出すことも、経験が一つ一つの根拠になって
身につきやすいのではと思います。

がんばって考えてみましょう!

“影”の重要性


立体感を出すために必要不可欠な物は影だと思います!

影があるだけでこれは立体なのかと
思ってしまうのではないでしょうか。

例えば四角が2つありますが、
左は机の上に紙があるというようにみえますが、
右の四角には影をつけると四角いものが立っているように見えます。

ぴよっち
ぴよっち

人の目の錯覚って不思議だ。

同じ形なのに影があるだけでまったく違うように見えてしまいます。

これをうまく使って
紙の上の円ではなく、起き上がった円に
見せることができるのではと予想します。

イメージしてみるとこんな感じです!

どうでしょうか、影の入れ方はいまいちですが、
影らしきものが入っただけで
下の円は球体だと思い込んでしまいそうです!

“陰”の表現の仕方

物が光を遮って地面にできる“影”とは別に、
物自体に当たった光によってできた“陰”も
表現の仕方によって球体にみえるかどうかが
関係しているように思いました!

球体に陰のグラデーションをつけるために、
線を重ねました。

その際、まっすぐと縦線と横線が十字になるように
線を引いてみました。

するとどうでしょう、
まったく球体には見えないですね。

ぴよっち
ぴよっち

ただ丸を黒く塗りつぶしただけに見えるね。

おそらく、円が球体にみえるようにするには、
“陰”を入れる際の線の入れ方を工夫する必要があると思います。

イメージするなら、丸の中を直線の線を描くのではなく、
紙風船のように球体をイメージして緩いカーブを描くことで
うまく表現できるのではと思いました!😀

スポンサーリンク

今回の話を踏まえて描いてみると・・・

今回の考えを取り入れてみてから球体を描いてみると、
こうなりました!

影とか少しざっくりしすぎてる感じですが、
球体に見えるような気がします!

スポンサーリンク

まとめ

球体を描くのは、いろいろな工夫を取り入れて
出来上がるのだとおもいました。

球体がうまく描けるように、何度も描いて、
綺麗な球体がかけるようにしましょう!

最後まで読んでくれてありがとうございます!
ぽちっと応援よろしくお願いします(*’▽’)

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました