デッサンは何から練習したらいい?

イラスト練習
スポンサーリンク

デッサンにチャレンジしてみたいと思ったとき、
気持ちはあっても何を練習したらいいのか悩みます。

思いついて、まずはりんごからだ!
なんて考えてしまいます(笑)

なぜかデッサンはりんごってイメージありますね。

しかし、初めてデッサンをする人からすると
「りんごなんて難しいよ〜」と言いたいところです。

りんごって簡単に見えるけど、くぼんでいるところとか
表面の質感とか、いきなり難しいと思ってしまいました!

早く色んなもの描けるようになりたいと思いますが、
基本が押さえられないと応用もできないと思うので、
基本の形から練習したらいいのではと思います!

ぴよっち
ぴよっち

りんごから練習しはじめなくてもいいんだね。

スポンサーリンク

デッサンは何から練習したらいいのか

デッサンの練習にりんごはやめておくとしたら
何から練習したらいいのか。

先ほども言ったように、基本の形から練習するのが
いいのではないかと考えました!

基本の形とはなにか、
それは球体や円柱、直方体などの図形です!

これらの図形が押さえられれば、りんごや他の物を描くときに
手段や表現方法を身につけた上で描くことができると思います!

身の回りにあるものってだいたいが何かの形の集合体と考えれば、
色んなものも形をもとに描けるのではないかという考えです!

スポンサーリンク

実際に描いてみると…

球体1つ描くだけで5分はかかりました!

たかが球体、と思っていましたが、球体はただの丸を描いておしまいではないのです。

一度描いただけでマスターはできないので、
たかが図形だと思っても、
その図形がうまくなることで幅が広がると
思ってこつこつ積み重ねることがが大切ですね!

目の前にあるかのような球体をつくるには、
どんなふうに描くと人の目からは立体的な球体と認識されるのか
を考えることが大切だと気づきました!

見たまんまを描いても見たまんまにならなかったのです。

なぜだか不思議ですね。

そう気づいたとしてもではどうやって描いたら
見たまんまに見えるのか、答えは見つからないのです。

どんなふうに表現したらいいかを見つけ出すことが、
まず必要なのかなと思いました!

だからこそ、まず基本となる図形で知っていくことから始めようと思います!

スポンサーリンク

まとめ


デッサンの練習は何から始めたらいいかわからなくなりますが、
まずは納得のいく図形を描くことを目標にすることで、
「これだけはうまく描けるんだ」という気持ちが持てて、
デッサンにより自信がつくと思います。

そして、たかが図形と思ってしまうものを
自分の味方につけることで、
表現の幅を広げられると思います!

私も今がその段階なので、頑張っていきます!
そして、それが結果として証していければと思います!

最後まで読んでくれてありがとうございます!
ぽちっと応援よろしくお願いします(*’▽’)

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました